モンスターカレンダー

« January 2016
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

台北展示会2015初出展

| トラックバック(0)

皆様年末年始の休暇はいかがお過ごしになりましたでしょうか。 暖冬もあり、過ごしやすいお休みでしたね。

●台湾展示会に初出展

昨年末、台北にて行われました「第27回台北国際建築建材及び産品展」に初出展してきました。 この展示会は台湾における建材関係の最も大きい展示会のひとつです。 12/10~13の4日間行われ、第1会場及び第2会場あわせておよそ8万人の来場がありました。

●ポテンシャルを感じた4日間

展示期間中は多くのお客様にご来場いただきました。 今回の展示会の目的は、サンワカンパニーと言う会社をまずは知っていただく事だったのですが、「実際に今すぐ欲しい」「どうやったら買えるのか」「現在こんな物件があるが、納期的に間に合うか」など具体的なお問い合わせを多数いただきました。

ブースは常に人であふれ返り、台湾のお客様のご期待の高さを感じると共に、弊社の商品が海外マーケットでも受け入れていただけるポテンシャルを持った商品である事を再確認する事ができました。

●パートナー企業・國産建材實業社

今回台湾での展示会出品に際し、台湾の上場企業である國産建材實業社とパートナーシップを構築致しました。國産建材實業社はトランスアジア航空やセコム台湾を運営するグループ企業の1つで、台湾内では誰しもが知る会社です。今後も台湾での事業に関して相互理解を深め、台湾マーケット構築を進めていきたいと考えています。

●「世界ブランド、サンワ」を目指して

サンワカンパニーのコンセプトの1つである「Global」。台湾の展示会はその一環として、アジア展開の第1歩となりました。しかしまだ1歩を踏み出したにすぎません。4月にはイタリアのミラノサローネで同時開催されるエウロクチーナに出展も決定致しております(詳細はコーポレートサイトをご覧ください)。グローバル市場におけるサンワブランド確立を目指し、海外展開を推進して参ります。

2015年度グッドデザイン賞を受賞イタリアGLOBO社の美しい色合いの新洗面ボウル≪カラーズ≫をご紹介いたします。

近ごろ、世界のトレンドとして色付きの洗面ボウルが登場するようになりました。

5年くらい前は、中国やロシアのマーケットの需要を意識してギンギラギンなゴールドやシルバーといった洗面ボウルを作る傾向がありましたが、2年ほど前から世界中のマーケットにイタリアンモダンを広めるべく、シックにトレンドをおさえた美しい色目の洗面ボウルを新商品として生み出すようになってきました。

イタリアは、ファッションでもインテリアでも、とても色を大切にしています。
例えば、イタリアでラッシュの電車や地下鉄に乗ると、男性も女性もいろんな色の上着や靴を身にまとっていて、「おしゃれを楽しんでるなぁ。かわいい色をうまく使いこなしているなぁ。」と日常から感じることができます。一方、日本で同じように通勤電車に乗り込むと、みんな同じような黒い色をまとっています。日本人ももっとイタリア人のように、色を楽しめばいいのにと感じます。

洗面ボウルも白にこだわらず、「バスルームはインテリア」というコンセプトのもと、何度でも行きたくなる、安らぎ、元気がもらえる空間を作り上げるべく、トレンド感を少し取り入れた落ち着きのある美しい色合いでかわいい洗面ボウルが生み出されました。

カラーズ≫は、イタリアで販売された際8色バリエーションでしたが、あまりの人気のため6色追加され合計14色となりました。

サンワカンパニーでは、ライラ、ベルデ、セネレ、コットの4色を取扱いしています。各ショールームでも、展示後とても反響が大きく、みなさまから愛されてる人気商品となっております。是非実物を見にいらしてください!

ミラノにあるGLOBO社のショールームは大手家具ショールームが立ち並ぶにぎやかな通りから一本入った、照明ブランドのFLOS社のショールームの前にあります。 ハイブランドのショップが立ち並ぶモンテナポレオーネ通りから徒歩10分もあれば行けます。
ミラノに拠点を持つことを重要視しているところを見ると、こだわりを持って本気で発信しているなと感じます。

素地色 栗皮色

2015年度グッドデザイン賞を受賞市内のバス停にも≪カラーズ≫の広告がたくさんあります。

ドアの取っ手もGLOBO社のロゴ。窓には≪カラーズ≫のカラースキームをパレットにしてデザインされています。なかなかのこだわりです。
中に入るとさらに≪カラーズ≫のカラースキームの展示が壁いっぱいにディスプレイされ、あちこちにカラーパレットがしきつめられています。

素地色 栗皮色

素地色 栗皮色

2015年度グッドデザイン賞を受賞ショールームはカラーズのみの展示でとても贅沢な空間。さらに地下に降りると、「カラーズの木」のオブジェがあります。
一階の展示でたくさん見た≪カラーズ≫でも、思わず「わー」っと声を上げてしまうほど楽しくテンションの上がる夢のある展示でした。
「日本でもこんな展示してみたいなぁ」と思います。

GLOBO社は、夢が詰まった素敵なミラノショールームから、世界に向けてイタリアのトップオブトレンドを発信しております。ますます目が離せません。

>> ≪カラーズ≫の商品ページはこちら
>> ≪GLOBO社≫のページはこちら
>> カラーズ他新商品掲載の≪カタログ請求≫のページはこちら

いよいよ肌寒くなってきましたね。
今年もインフルエンザが早めにから流行するそうです。
皆さんも早めの予防接種で今シーズンを乗り切りましょう!

● 2015年度グッドデザイン賞を受賞

さて、毎年応募しています「グッドデザイン賞」ですが、本年度はなんと7商品も受賞いたしました。 今年で6年連続受賞ということで、継続して評価をいただいており大変ありがたく思います。

「フィーネ(洗面台)」、「ボルデ(洗面ボウル)」、「アフィラート(コンパクトキッチン)」、「トゥーボ(バスアクセサリー)」、「リーシオ(洗面ボウル)」、「レプトカウンター(手洗台)」、「クビレ洗面(洗面台)」

● グッドデザインエキシビジョン2015[G展]

2015年度グッドデザイン賞を受賞本年度も受賞商品の展示会「グッドデザインエキシビジョン2015[G展]」が東京ミッドタウンにて開催されます。

会場:東京ミッドタウン内各所(東京都港区赤坂9-7-1)
会期:2015年10月30日(金)~11月4日(水)
http://www.g-mark.org/gde/2015/index.html

展示スペースの関係で、サンワカンパニーの受賞商品は≪トゥーボ≫のみ現品展示となり、それ以外はパネル展示となっております。
実物をご覧になりたい方は、東京ショールームまで是非お越しいただければと思います。

素地色 栗皮色

● さらに本年度は≪スピニング≫が「German Design Award 2016」も受賞

2015年度グッドデザイン賞を受賞German Design Award 2016 にノミネートされていた≪スピニング≫がなんとSpecial Mention を受賞しました。

German Design Award(ドイツデザインアワード)とは、ドイツデザイン協議会によって運営される国際的な権威をもつデザイン賞です。 受賞候補となるには国際的なデザイン賞(iFデザイン賞やレッド・ドットデザイン賞など)を受賞していることが必須条件となります。非常に審査が厳しいことから「賞の中の賞」と表現されるほどです。

http://gallery.designpreis.de/en/gdagallery/show/Project/spinning.html

● 新カタログ発刊

デザイン賞受賞商品と、今後受賞するかもしれない新商品が掲載されている新カタログ「sanwacompany2015 autumn/winter collection」が今月発刊しました!
今回は、これまでのサンワカンパニーのカタログとは異なるA4横長タイプ。
さらにケースに入れてお届けするなど仕様にもこだわったつくりとなっています。

内容は、商品ページのみならずサンワカンパニーのものづくりへの思い、こだわり、そして来春までに発売される新商品の情報も掲載しています。

新カタログは、東京、大阪、名古屋、福岡のショールームにて配布しております。
もちろん、ウェブページからもご請求を受付ております。 たくさんの方に、手にとってご覧いただきたいと思いますので、是非ご利用ください。

>> ≪デザイン賞受賞商品≫のページはこちら
>> ≪スピニング≫の商品ページはこちら
>> ≪カタログ請求≫のページはこちら

秋が深まり日が暮れるのが早くなってきましたね。
朝晩は肌寒いぐらいになってきましたが、日中はすごしやすく行楽にはちょうどよいシーズン!
お出かけされる方も多いのではないでしょうか?

近年では、海外からのお客様が増え、至る所で外国語の案内の文字を目にすることがとても多くなりました。
日本の文化や『Mede in Japan』の技術、安全性が認められ、高く評価されるのはとてもうれしいことですね。
今回は国産材にこだわったMede in Japan合板フローリングをご紹介します。
使用している表面材は、日本で多く見られる栗(チェスナット)と樺(バーチ)の2樹種です。

● 栗(チェスナット)

栗(チェスナット)イメージ画像栗の木は縄文時代から木材として使用されており、長い歴史があります。また、栗は成長が早く安定した収穫が見込めることから、食糧としても重宝されてきました。

木材としては、水や湿気に強いため腐りにくく、加工も比較的容易な優良材です。 今でも民家の土台や鉄道の枕木など、強度と耐久性が必要な場所に採用されています。 フローリングに加工した際の特徴は、なんといっても力強いはっきりとした木目。 着色塗装を施してもはっきりと浮かび上がる木目は、天然木ならではの味わいです。

カラ―は、天然の色を生かした無着色の『素地色』、落ち着きのある『栗皮色』、少し赤みが入り艶のある『栗梅色』、藍染をイメージした粋な『紺鼠色』の4色です。

素地色 栗皮色

● 樺(バーチ)

樺は高原やリゾート地で見かける、背の高いスラッとした樹皮の白い木。 優しくきめ細やかな木目が特徴で、癖のない淡泊黄色をしています。 柔らかく脚触りがよいため、ダンスフロアや体育館の床に使用されることもあります。

カラ―は繊細さを生かした『素地色』、緑みを加えた珍しい『利休白茶色』、ほんのりピンクが日本らしい『桜色』の3色。 栗とは対照的に木目が繊細な印象の樺も、優しく着色することでより一層あたたかい印象を与えました。

素地色  樺(バーチ)イメージ画像

● 『Mede in Japan』の合板フローリング

栗(チェスナット)イメージ画像このフローリングは表面のツキ板だけでなく、基材も国産針葉樹を使用した、『Made in Japan』にとことんこだわったフローリングです。
日本の伝統色をイメージした和名のネーミングですが、主張し過ぎないカラーリングですのでいろんなタイプのお部屋に溶け込んでくれるでしょう。

裸足で歩いたり、床に座ったりと、何かと触れる機会が多いフローリング。
価格や見た目はもちろんですが、素材にこだわって選んでみてはいかがでしょうか?

>> ≪合板フローリング≫の商品ページはこちら

朝晩がめっきり涼しくなり、秋の深まりを感じるようになってきました。
もう少しすれば木々も色づきだして紅葉の季節ですね。他にも秋といえば「食欲の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」など気になるところです。
何をしようかと思うだけでも楽しくなってしまいます。

さて本日は、人気の≪ロートアイアン≫とも併せて使っていただける≪アルミノフェンス≫をご紹介いたします。

■ ロートアイアンに新しいシリーズが仲間入り

2008年に販売を開始し、今もなお絶大な人気がある≪ロートアイアン≫シリーズの≪オリジナルグリル≫。同様のデザインでは≪モンピー≫を発売してきました。

これまで、窓には≪オリジナルグリル≫、お家の顔である門扉には≪モンピー≫を組み合わせたコーディネートをご提案してきましたが、今回は更にフェンスを企画しました。
これで、門扉からフェンスへと同じデザインで外構を繋げるコーディネートが可能になります。

■ ロートアイアンからアルミへ

ロートアイアンが発展したヨーロッパでは門扉や窓枠に頻繁に使われています。
ロートアイアンは、様々なデザインで外構を彩りつつ、鉄であるがゆえの防犯的要素も兼ね備えています。

しかし、フェンスとなると固定されるため門扉のような重厚感は不要です。 企画の際、窓枠のような防犯的要素も現在の住宅事情からは必要ないのではとなり、アルミ素材で同様のものができないかと考えるようになりました。 そして、試作を重ねた結果、見た目にはこれまでの≪ロートアイアン≫と変わらない≪アルミノフェンス≫を作ることに成功したのです。素材をアルミにすることで外構商品として懸念されていた錆の問題が解消し、さらに軽量化されました。

■ 多様なデザインとシンプル施工

フェンスと聞くと「積算がややこしい」「柱や施工部品の種類が多くて施工も大変」などの理由で、ワンパターンなものを選んでいませんか。

アルミノフェンス≫は≪ロートアイアン≫シリーズでも特に人気の高いクラシック(フローラル)、サークル、ウェービーのデザインをご用意し、サイズも組み合わせし易い幅900mm、450mm、150mm展開となっています。

数量の積算はページ内の≪基準組み合せ図・基準W寸法表(PDF)≫で、ご希望の長さに必要な柱の本数、パネルの枚数を簡単に算出いただけます。
コーナーが発生する場合は≪L型基準組み合せ図(PDF)≫を参考に通常の柱を組み合わせるだけでお好きな角度にしていただけます。

取付部材はL型アングルとボルトとナットの3種。柱とパネルをこれらの部材で固定していくだけです。L型アングルとボルトとナットについては、強度と防錆のためにステンレスを使用しています。

柱は埋込用と後付用の2種類ご用意しました。フェンスをはじめから作られる場合は埋込用柱をおすすめします。埋込の方が強度も増し、仕上げもすっきりきれいです。後付用柱は既存フェンスのリノベーションやカフェ、店舗の間仕切りなどコンクリートに埋め込む必要のない場合にご使用いただけます。コンクリート下地でも木質下地でも固定出来るよう各専用ビスをご用意しました。

お陰様で≪アルミノフェンス≫は、カタログ掲載後もご好評いただいております。 これからも≪ロートアイアン≫製品同様、末永くご愛好いただけたらと思います。

>> ≪アルミノフェンス≫の商品ページはこちら
>> ≪オリジナルグリル≫の商品ページはこちら
>> ≪モンピー≫の商品ページはこちら

1234567891011

MT42BlogBetaInner